結婚披露宴での席次表

結婚披露宴での席次表は、http://www.komsusiteler.com/seat.htmlにも書いてあるようにジャンルごとのそれぞれの人間関係の良し悪しもありますし、常識的に決めるべきところもあります。
絶対的なルールで割り切れない部分が出てくると新郎新婦を悩ませることになるでしょう。
どちらにしてもしっかりと二人で話しあって、作り上げる事が大事です。

友人、会社の同僚、親族を招いて行う結婚披露宴ですが、そのときに迷う事と言えば、席次表です。
誰をどの席にするか、というところは、とても重要になってきます。
披露宴の座席表についてはこのサイトをご覧ください。

まず、友人についてですが、招待する友人が全員が仲良しであれば問題ないのですが
「あの人は苦手」とか「あの人とあの人は以前関係があった」とか様々な理由で、同じ席にするとまずい場合があります。
そんな時は、テーブル席などを別々にするのでしょうが、座る席と人数がうまく合わない場合に困ります。
ある程度、大丈夫な人を同じテーブル席に座ってもらったり、それともテーブル席をさらに追加して完全にグループの仲の良い人たちだけで座ってもらったりする必要があります。

次に会社の同僚についてですが、これは、友人のときのような考え方ではなく、テーブル席の中での上座、下座をどうするかという部分が悩ましい場合があります。
例えば上司の配置をするとして、同じ役職名だったりする場合に困ることがあります。
同じ係長でも年齢が上だから、上座にしていいものか、それとも年下だけど社内での立場上は、別の係長の方が優遇されているから上座にするのか、という
悩む部分が発生します。
その際には、さらに上の立場の人との関係を考慮したうえで、席を決める事になるのでしょう。

最後に親族についてですが、これは、同じテーブル席でも、例えば、両親が離婚している場合に困ることがあります。
父側の親族と母側の親族を一緒にしない方がいいのか、それとも離婚した両親は同じテーブルで、その他親族だけは父側、母側と分かれて座ってもらう、
というパターンがあるでしょう。

このように、招待される側の人にもジャンルにより、様々な状況、事情があり、その辺をくみ取りながら、配慮して結婚披露宴での席次表を作成しなければなりません。
色々と考える事が多い中で、これを作成するのも、新郎が行うか、新婦が行うか、または業者に依頼するかという部分も考えないといけない部分でしょう。
どちらにしてもこういった席次表のことから、若い夫婦で話し合って、決めていくことも二人の共同作業の中で絆を作るものの一つにはなるでしょう。