結婚披露宴の広告

結婚披露宴での広告を見て、式場選びをするカップルには紛らわしいものがあります。
結婚披露宴の広告には、これから結婚する新郎新婦にとって心躍るようなうたい文句がたくさん書かれています。
新郎新婦は結婚披露宴会場を選ぶ際に、結婚情報誌や広告、インターネット広告などでいろいろと検索し、調べるでしょう。

結婚披露宴の会場も和風、洋風から様々ありますが、その中でも、自分の好きな雰囲気にあったものを選んでいくことになるでしょう。
結婚披露宴のスタイルにもいろいろありますので、広告に掲載されている情報を見た段階で、取捨選択されることになります。
会場としてハウスウェディング、ホテルウェディング、和の神社での式などがあります。

広告などを見ていて一番気になるポイントはやはり金額の部分です。
よく見る広告としては、80名で60万円から披露宴が出来るなどがあります。
こんな素敵な会場で80名でたったの60万円なの?!と驚くところからちょっと話を聞いてみたくなります。
結婚式の費用は200万円~400万円といわれている中でしっかりとした結婚披露宴が出来るうえで、その金額は破格すぎると一見思ってしまいます。

しかし、実は、この安いには理由があります。
実際、会場に飾る花は、プラスの金額が必要だったり、写真撮影が付いていなかったり、招待客が来場した時のウェルカムドリンクも別途追加費用が必要というパターンです。
こちらの結婚披露宴でかかる意外な費用についての解説ページもとても参考になります。
実際、結婚披露宴を行う人は、最低限、上記のメニューを加えたいと思うのではないでしょうか。
そんな中で、最低限、もちろん最低限という感覚は、人それぞれですが、それでも、ドリンク、写真撮影が含まれていないというのは、おかしいだろうと感じるのではないでしょうか。

だから、結婚披露宴を行う式場側も金額が安いというだけで惹きつけようとするのではなく、しっかりとせめて最低限度の誰でも、
『これだけははずさないだろうというメニュー』を入れて、金額を算出して、それを掲載して分かりやすく、シンプルにしてほしいものです。

結婚披露宴での広告の掲載の仕方には注意してください。