結婚披露宴での入場

結婚披露宴
結婚披露宴は、大きく分けて、洋風、和風、パーティー形式とあります。
海上は自宅や会館で行うこともありますし、ホテルで行うこともあります。

また、ガーデンウェディングを行うこともあります。
披露宴は、結婚式が洋風か和風かの関係により違いが出てきます。
また、披露宴とは別の日に結婚式を行っている場合や、海外で二人だけの挙式を行う場合や、親族のみの披露宴などにより違います。

披露宴の流れ
多くの結婚披露宴では、お客様が案内されて会場に入り、会場にいる司会者の進行で新郎新婦が入場します。
この際、新郎が先に入場し、続いて新婦が入場するケースや、新郎が入場した後に新婦が新婦の父と一緒に入場するケースもあります。
また、二人同時に腕を組んだり、手を繋いだりしての入場というケースもあります。
こちらでは、結婚披露宴の演出に使う音楽を紹介していました。こちらも是非ご覧ください。

多くの場合、披露宴は新郎、新婦の好みや趣味により、お客様へのお披露目の場としての演出が可能です。
尚、和式での結婚披露宴の場合は、お客様が会場に入る際に新郎新婦と、両家の親がお迎えをするのが一般的です。
これは親族のみの結婚式の場合に、披露宴の色打掛けに着替える前の白無垢姿のお披露目という目的も含まれています。
こちらでも結婚披露宴の一連の流れについて解説しているので、参考にしてみてください。

新郎新婦入場
結婚披露宴は新郎新婦の計画により、趣向を凝らした楽しいものにできます。
入場は、司会者の進行で行われます。
司会者を結婚式場で紹介されたプロの方にする場合や、友人に頼む場合があります。

新郎新婦の入場は、披露宴の前半を大きく司る重要なものですので、そのタイミングを損なわないようにすることも大切です。
入場の際の曲も、結婚式の時とは違い、自由に選曲ができますので、事前にどのような曲が良いかを話し合って決めると良いでしょう。
こちらのサイトでも、結婚披露宴のサプライズなど、役に立つ情報がありました 。

また、披露宴の形式により、ガーデンウェディングならではのバルーンやお花を用いた入場や、バッグに海を臨むガーデンでの入場などが楽しめるケースや、ホテルで写真を編集しての演出や、馴染みのレストランでの寛い
だ雰囲気での披露宴など、それぞれに利点がたくさんあり、それにより、結婚披露宴の入場も色々と考えられます。
こちらでは、地域ごとに違う結婚披露宴の形態を紹介していました。こちらも是非ご覧ください。